機能的なことから雰囲気作りまで多彩なトイレリフォーム

  • 投稿日:
  • by

トイレというとどちらかというとこれまでは機能的な改善が進んでいたように思います。より清潔により快適に、そして便利に、介護しやすくなどいろんな機能面の向上が進んでそのリフォームも計画されてきたと思います。

しかし、現在ではよりインテリアの雰囲気を満足させるリフォームというのも増えているように思います。例えば、床などはこれまで掃除しやすいように湿式の床としてタイルやモルタルで水が流せるようなタイプだったのが、汚れても拭き掃除で対応してフローリングやクッションフロアやシートなどで貼るというタイプのものが増えています。そうすることでよりリビングに近く雰囲気もトイレの寒々しさや無機質さというのを感じないインテリアにできます。壁紙に凝ってみたり、照明計画など工夫して商店にあるようなしゃれたトイレも一般住宅でも施工可能です。水槽を内蔵して趣味にこだわったトイレもいいですし、シャワートイレの最新のものやにおいを徹底的に抑える機能トイレなど現在は多彩なトイレリフォームが楽しめます。


我が家には2つのトイレがあります。6年ほど前まで様式ではありましたが、築25年ぐらいたっていました。いつか改築したいと思いつつ、しかしながら一つのトイレは祖父が高齢になりたびたび汚すように。なのでなかなかリフォームができず。そしてもう一つはこどもたちのトイレトレーニングがあるから汚れることもありこちらもリフォーム出来ず。 そんな祖父が亡くなり、子どもたちは6歳、4歳。これをチャンスにリフォーム会社にトイレの便器、壁紙ほぼすべて依頼しました。 夫婦共働き、両親も忙しく、一日で2つのトイレリフォームしていただきました。当然、その日はトイレ使えず、順番に出掛けたり、近所の親戚の家のトイレかりたりして何とかその日は過ごせました。 お値段的にはひとつ10万ぐらい。2つで20万。自動洗浄もつけていただき快適です。友達が借りても自動で流れるところにビックリ‼ いろいろ無理をいいましたがリフォーム会社さんありがとうございました。